ワンポイント上海語講座


上海語について

上海語は、北京語(いわゆる中国語)とは全く発音の方法が異なります。中国語はピンインと呼ばれるローマ字表記と四声と呼ばれるアクセントで表わされていますが、上海語の場合、漢字は北京語と同じ漢字であっても読み方が全く異なり、話す口調も大変早いのが特徴です。旅行に行く際、北京語が話せれば十分ですが、ちょっとした会話で上海語を使うと大変喜ばれ、すぐに朋友(ポンヨウ)になれることでしょう。


おぼえましょう!
soundをクリックすると張先生の模範発音が聞けます。
(全部AUファイル形式になっています。)
こんにちわノンホオsoundと言います。
あいさつ言葉として使いましょう。(昼夜問わずつかえます。)


さようならツェイウェイsoundと言います。
英語の"GOOD-BYE"の感覚でつかいましょう。


ごめんなさいトュエバチーsoundと言います。
ちょっと誤るときや、かたじけないといった意味合いでもつかえます。


わかりましたショッタラsoundと言います。
何か人に教えてもらったことが理解できたときに‘ショッタラ、ショッタラ’と2回繰り返し言います。


上海のことをサンヘsoundと言います。


日本人のことをサパンニンsoundと言います。
会話のなかによく聞かれると思います。ちなみに‘ニン’は、‘人’という意味です。


ありがとうは、シャヤノンsoundと言います。
どんなときでも英語の"THANK YOU!"感覚でつかいましょう。


上海情報へ上海語講座へ上海裏情報へ関連リンク集へhomeへ感想メール