犬養木堂記念館


記念館入り口  遊歩道看板「木堂こみち」



犬養木堂の生家
生家  座敷


   犬養木堂記念館の詳細はこちら

   東京青山 犬養毅墓地



 犬養毅は、号を木堂(ぼくどう)と称し、明治中期から昭和初期にかけて政党政治の確立に貢献した。

清廉潔白な非常にすぐれた政治家であった。

昭和6年(1931年)12月、76歳のとき第29代の首相となり、満州事変後の難局にあったが、

翌年5月15日、有名な「話せばわかる」という言葉を残し、首相官邸において海軍青年将校の

凶弾に倒れた。(いわゆる5・15事件)

 書にもすぐれ、中国の政治家との親交も深く、情に厚い政治家としても知られている。
            (犬養木堂記念館 パンフレットより)

所在地:岡山市川入102−1
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は4時30分)
交通機関:JR山陽本線庭瀬駅下車タクシーで5分、徒歩では25分

おすすめ:まんが 「犬養木堂」は40ページの冊子で200円 

   5・15事件の少し前、5月5日に首相の努力により、上海停戦協定が結ばれたこと。
   などが記載されています。(その10日後5・15事件が起きた。)

戻る

作成者 藤本典夫