備前国赤坂郡東高月 門前池周辺


赤磐市河本・下市門前池周辺の地図より



赤磐市下市・河本付近 遺跡分布

  向かって左側が、山陽団地、上部にある長方形のため池が門前池
 下市の表示があるところの川は砂川
 右下にあるのは、山陽自動車道山陽インター

枠で囲ってあるのが遺跡群 古墳時代以前、奈良、平安、鎌倉時代まで遺跡の宝庫
大池の上部に有名な岩田14号墳がある。



左側の太刀は、百済の武寧王の太刀を模した物と考えられている。

百済の武寧王は、ワカヒメ伝説でも登場する。

出典:岡山県文化財情報GIS(探訪・吉備の文化財)







 門前池から右側に枠で囲ったところが、門前池西方遺跡 第3地点発掘現場

奈良時代から平安時代、鎌倉時代まで遺跡が出土
特に、奈良時代の倉庫群は、15,000uの広がりを持った施設であった。

赤磐郡誌の記述に、平賀元義(江戸地代後期の歌人歴史家)は、この地に赤坂郡衙を予測した。
これを読んだすぐ後、昭和40年代山陽団地の開発が進み、当地が発掘された。

発掘の前から、平賀元義の歴史観に興味を持っていたので、あたるだろうかと期待していると、
山陽新聞に、赤坂郡衙跡が発見されたとの記事が載った。「さすがに」と感心したものであった。

 しかし、現在では、その構造、配置が他の郡衙遺跡の構造と異なることから郡衙遺跡ではないと
考えられているようである
平賀元義は、この坂が、赤坂と呼ばれることに所以してこの地に赤坂郡衙所在地とした。

<<参考資料>>
平賀元義(赤磐郡誌 p8)「吉備之國地理之聞書」のなかで

「今、善応寺たわを古へ赤坂と云う。いまは、熊崎村の内に、赤坂という古名残れり。(中略)
共に宮家の有る所の郷名をもって、郡の名を取られたり。」



赤坂郡には、周匝、宅美、軽部、鳥取、葛木、高月の6郷からなっている。

旧山陽道の駅家が通過している郡を見ると
多くの郡に、駅家郷が設置され、駅家運営費用捻出がなされている。

しかし、赤坂郡には、駅家郷がなく、しかも赤坂郡名を付けた赤坂駅でもなく、高月郷の名前を付けた高月駅である。
「高月」には、なぜか、国の施設として、国分寺、国分尼寺が後から設置された。

また、全国の国分寺等の設置された周辺に、国府を設置した例も多く、まだ、判明していない初期の備前国府・吉備太宰がこの地周辺にあった可能性も高い。

5世紀後半から、赤磐市山陽地域は、両宮山古墳の構築、ワカヒメ物語、旧山陽道の高月駅家の設置、
国分寺・国分尼寺の設置、朝鮮式山城「大廻山・小廻山城」の設置(上道郡であるが、1の木戸がある岡山市瀬戸町観音寺地区は、両宮山古墳の穂崎地区に隣接している。徒歩で避難できる距離)、

斎富遺跡(この盆地の東部地区)の先端工場跡などは、朝鮮からの工人の移民、国施設で埋め尽くされていた。



戻る