平賀元義歌碑を訪ねて



岡山市吉備津
藤原成親遺跡(平家物語での悲劇を詠んだ歌)


あたらこの成親がごときよき臣を
有木の山のうもれ木にして
               平賀元義



歴史的背景は、 藤原成親遺跡  参照

治承四年(1180)五月、平家打倒を掲げた源頼政は平等院で辞世の和歌を残し自刃 しました。
辞世の和歌 「埋もれ木の 花咲くこともなかりしに 身のなる果てぞ 悲しかりける」

平賀元義は、平家追討に立ち上がり同じ様に、悲運の生涯を閉じた忠臣「頼政」の辞世の和歌を
参考に「有木の山のうもれ木」と歌った。


 岡山市 布施神社(平賀元義)  


平賀元義歌碑を訪ねて(2)

平賀元義歌碑を訪ねて(3)


平賀元義歌碑を訪ねて(4)

戻る


作成者 藤本典夫