吉備の国探訪

<特集1>


児島半島の見どころと歴史
岡山県にはかつて、巨大な島「児島」があった。
現在は本州と陸続きになっているが、瀬戸内海の交通の要衝として繁栄してきた。  
その歴史をシリーズで、たどってみる。

第1節 東部地域 神武東征の高島宮(3世紀)
第2節 新熊野山 1300年の歴史(8世紀)
第3節 倉敷市藤戸町 源平合戦(12世紀)
第4節 倉敷市下津井 中世からの港町(16世紀)
第5節 常山城  戦国時代落城物語(16世紀)
第6節 玉野市八浜 毛利、宇喜多の蜂浜合戦(16世紀)
第7節 再び 新熊野山(五流尊龍院、御陵) (12世紀)
第8節 倉敷市藤戸町天城 池田藩天城陣屋(17世紀)
第1節 岡山県児島半島 東部地域

 岡山から児島湾大橋を渡って、児島半島に至る。今節は、児島半島最東部の一角をドライブした。

 歴史的な建造物もあまり多くなく見どころもない。晴れた秋の一日、海を見ながら、何も考えない。こんなドライブに最適。

 このような中で、児島湾には、日本書紀に登場する神武天皇の神武東征の途中、3年間滞在した高島宮の候補地の1つである「高島」がある。
                                                    第2節 児島半島 新熊野山 

 倉敷市水島インターから少し東(岡山方面)へドライブすると、倉敷市林がある。ここは、熊野権現の総本山であり、開山1300年の歴史を誇る。
 後鳥羽上皇が隠岐に流されたあとも、隠岐に出向き御番鍛冶を行ったのも、熊野権現の権力が続いていたためではないか。そして、後鳥羽上皇がなくなられると,当地に大きな御影塔を建立している。

      
第3節 倉敷市藤戸町

 源平合戦の古戦場として、当時は島であった藤戸と本州との間に藤戸海峡があり、船を持たない源氏の武将が馬で海を渡るために、浅瀬を教えた地元の男を殺した。
その母の恨み、その場景が、室町時代、世阿弥によって謡曲「藤戸」として完成し、全国的に有名になった。

                               
          
第4節倉敷市下津井

児島半島の先端に下津井はある。
かつて、下津井港は、北前船で賑わった。
また、四国に一番近い港町、金毘羅さんに参る人・四国お遍路さんの渡る港として栄えた。
いまは、四国に渡る大動脈の瀬戸大橋がすぐそこに見える。
下津井城が築かれたが、江戸時代初期、廃城になった。
      
第5節 常山城(玉野市宇藤木・灘崎町迫川)

 永禄9年(1566年)三村家親が宇喜多直家に暗殺された後、あとを継いだ、二男の三村元親は、あだ討ちを遂げていなかった。永禄10年の明禅寺合戦での三村氏敗北など、宇喜多氏と対立していた三村氏は、天正2年(1574年)毛利氏と宇喜多氏が同盟をしたため、毛利氏を裏切るが、攻められて備中松山城にて滅んだ。
 常山城主 上野氏は、三村一族であったので、最後まで常山城で戦い、ついには落城した。その内容が備前軍記などに詳細に記載されている。
その後、天正10年(1582年)秀吉による備中高松城落城まで、数々の攻防がこの城をめぐって行われた。
                               
         
第6節 蜂浜合戦(玉野市八浜)

天正9年2月14日宇喜多直家がこの世を去った。後継ぎの宇喜多秀家は、まだ幼く、直家の弟、忠家が後見を勤め、岡平内、戸川平右衛門、花房助兵衛が周りを固めた。

天正9年(1580年)4月毛利の児島進出に宇喜多氏は、忠家の嫡子基家を総大将に、児島八浜に派遣したが、蜂浜合戦で宇喜多与太郎基家戦死

八浜に基家を祭った与太郎神社がある。

      
第7節 再び 新熊野山(五流尊龍院、御陵)

 承久の乱で、後鳥羽上皇が隠岐に流された。
その皇子である2人の親王が五流尊龍院「御庵室」に住まわれた。
 そして、兄の宮は、頼仁親王御陵として、大切に保存されている。
 五流尊龍院には、太平記で活躍した児島高徳の生誕地の大きな碑が残っている。

                               
         
第8節 倉敷市藤戸町天城 池田藩天城陣屋

 池田藩には六家の家老職がいる。その中で、藩祖池田輝政の兄を先祖とする天城池田家は、特に重要に扱われている。
 家禄では、伊木氏について2番目であるが、常に筆頭に記されている。
 

吉備の国HP全国を探訪(吉備の国探訪お出かけ旅行編)|  戻る

作成者 藤本典夫