加茂大祭のあるまち
岡山県加賀郡吉備中央町(加茂大祭)

 



平日の加茂総社宮

鳥居と杉の大木
加茂総社宮  

毎年10月第3日曜日、県下最大級の祭りがこの地で開催される。

加茂大祭である。

約900年間地元に受け継がれてきた祭りである。

周辺の神社から続々神輿がこの地に集まり、大きな祭りを行い、各地に帰っていく。

社殿の両脇に壁のない建物があり、当日お宮がここに鎮座される場所がある。

1年に1回だけ使われる建物である。

加茂総社宮



英語と日本語の看板

国際交流の盛んな加茂川らしい看板

現在の若者に日本語が読めるのか心配。

外国人と中年以上の日本人を対象にした看板では?


お祭り会館入り口


お祭り会館ができていますので、まず、お祭り会館で、加茂大祭、吉備中央町を勉強して

神社に行くと、加茂大祭のとき使う埋め込んだ石とか祭りの雰囲気がいつでも楽しめる

感じがした。音響設備が工夫されています。

 平成14年10月20日加茂大祭訪問

平成18年10月15日加茂大祭訪問


場所:岡山空港から吉備高原方面へ 車で約30分


加茂大祭  目次に戻る  円城ふるさと村    加茂大祭の感想14年

吉備の国探訪    戻る

作成者 藤本典夫