瀬戸内の風情

児島湾の風情  四手網

波穏やかな瀬戸内海のその中の入り江である児島湾
岡山の大河である旭川、吉井川が流れ込み、岡山港など都会に一番近い
瀬戸内海である。







新岡山港からすぐのところに、高島がある。
児島湾高島「日本書紀巻第3」


児島湾(新岡山港周辺)から東方面を望む。
遠くに目立つのは、熊山連山である。

古代の海を行き交う人々にとって、備前の中央にそびえる最高峰熊山は、
「灯台」か「烽火台」のように使われたのかもしれない。

どこからでも見える熊山に、尊敬の念を抱いても不思議ではないように感じた。



吉備の国HP全国を探訪 |  戻る

作成者 藤本典夫