楯築の弥生墳丘墓

倉敷市





中央に祭壇となる石があり、それを取り囲むように、石が配置されている。

楯築の弥生墳丘墓として有名
ここから、古墳時代の巨大古墳へと変化する。

楯築の弥生墳丘墓ーー矢藤治山古墳(墳丘墓)ーーー前期の前方後円墳
(円墳に2つの突起)  (円墳に1つの突起) (円墳に1つの突起部が大きくなった)


弥生時代の墳墓から、前方後円墳に変化する過程がわかる貴重な墳丘墓である。

*)矢藤治山古墳ーー岡山市西花尻・東花尻にある.
  弥生時代後期の墳丘墓で、前方後円墳の初期の姿がわかる。
  墳長約35.5m、後円部径約23.5m、後円部高約3 m
    

吉備の前期古墳について


 
吉備の国HP全国を探訪 | 戻る

作成者 藤本典夫