八畳岩古墳





石室が露出している。
古墳時代後期には、大きな石室を持った古墳が吉備のいたるところで発見されている。
この場所は、操山の山中であって、古墳時代後期には平野部に大きな石室の古墳があるなか
山のてっぺんにある。



児島湾を望む。(春霞の中に児島半島が見える。)
昔は、すべて海であった。
操山は、海に突き出た山だったことから、この墓の主は、海を渡って吉備の国に定住した
部族であったかもしれない。

この古墳から少し下ったところにも古墳があるそうです。
同じように、海が見える場所です。


戻る   吉備の国探訪


作成者 藤本典夫


全国を探訪(吉備の国探訪お出かけ旅行編)