金蔵山古墳(岡山市操山の山中)

岡山市沢田から山を登って頂上にありました。



後円部の状況 石室が露出していて、整然とした壁面の石積が見えました。


なにぶん山の中で、前方後円墳かどうかも確認できません。

この古墳は、金蔵と言うように、鉄器が出土し、4世紀から5世紀初頭と早い時期の古墳としては、重要な古墳です。
斜面には葺石かどうかわかりませんが、多くの石がありました。


戻る   吉備の国探訪


作成者 藤本典夫


全国を探訪(吉備の国探訪お出かけ旅行編)