明禅寺城跡

操山山中には、多くの看板が整備されいてる。 明禅寺城が近くなると山の中に石積みがところどころにある。

西方は見晴らしがよく、旭川を越えて、岡山市内が一望できる。
操山から尾根をつたってくると、容易に登れるので、常駐した城としては不向きかもしれない。

永禄10年(1567)宇喜多直家が三村元親とこの城を攻防した。
備前地方最大の合戦と言われる「明禅寺合戦」の舞台となった城です。

備前軍記によると「明禅寺合戦」を「明禅寺崩れ」としています。
(上記看板では、「明禅寺崩し」となっているが、「明禅寺崩れ」が一般的です。)


何月何日に合戦があったのか明記していないので、詳細は不明です。

何回も攻防があって、最後に宇喜多氏が勝ったのでしょう。




戻る

作成者 藤本典夫


全国を探訪(吉備の国探訪お出かけ旅行編)