6世紀からの上道国の運命

上道国は、479年の稚媛、星川王子の変(雄略23年)以後、山辺を朝廷に召し上げられ、勢力が衰退した。                       

山辺の地域は、星川王子が、支配していた大和の山辺のみならず、上道氏の支配していた、岡山県赤坂郡、和気郡、磐梨郡以北すべてを朝廷に取り上げられたのではではないか。                      

その結果、上道氏は、わずかな、領国に減じられ、南に押し込められた。
豊かな地域と豊かな資源は、物部氏その他の豪族に支配された。

上道氏は、岡山市古都地区に本拠を移し、その地域を、上道郡といい、現在の岡山市西大寺周辺、岡山市上道地区である。

その地から、日本国内では、珍しい中国西域で作られたガラス製の首飾りが発見された。   




北方1
6世紀から7世紀の坂口古墳がすぐそばに望める。岡山市上道北方付近



祇園社

牛頭天王社(祇園社)
その地に立つと、北東すぐに、朝鮮式山城の小廻山が望め、西に岡山市鉄

鉄(くろがね)は、製鉄産地を失った上道氏の唯一の製鉄産地である。



岡山市鉄には、室町幕府ゆかりの安国寺跡もある。


5世紀以前の上道国

吉備の国HP全国を探訪 | 戻る



作成者 藤本典夫