戦国武将 松田元成墓所

     所在地  岡山県岡山市瀬戸町
    


          


墓所
解説



戦国時代の備前地方:

福岡合戦  文明15年(1483年)11月22日から翌年正月25日まで

 赤松方の福岡城を、松田元成が攻めた戦い。赤松氏の内紛で松田氏が勝ったが、
 欲を出して、深追いし、負けてしまった。
 松田元成は、今の瀬戸内市長船町から岡山市瀬戸町万富を通って、赤磐市にでて、本拠地岡山市御津
 金川に帰ろうとしたが、当地まで来て自刃した。

 その後、松田元成の家臣大村出雲が、主君の自刃場所を探し当て、その場所で、自刃した。
 その噂が、松田元成の子元勝に聞こえ、松田元成、大村出雲の墓を建てた。



最寄りの交通機関:山陽本線万富駅下車 車で10分




吉備の国探訪歴史探訪  | 全国を探訪(吉備の国探訪お出かけ旅行編)





戻る

作成者 藤本典夫