和気清麻呂 



清麻呂1

岡山県和気郡和気町


神社
和気神社



和気清麻呂の時代:この時代には、岡山出身の吉備真備が中央で活躍していた。

 天平宝字元年(757年)藤原仲麻呂(恵美押勝)が権力を振るった。
 天平宝字8年(764年)太政大臣 恵美押勝の乱
 天平神護元年(765年)乱の平定により、吉備真備 勲2等・清麻呂 勲6等
 天平神護2年(766年)吉備真備は、1月に中納言、3月に大納言、10月右大臣従2位となる。
             そのときの権力者は、称徳女帝と法王道鏡、左大臣藤原永手
 神護景雲3年(769年)「宇佐八幡宮の神託」を和気清麻呂が使者となる。
   神託の内容が「道鏡を天皇にするな」という内容だったため、大隅国に流された。
 宝亀元年(770年)許されて、京に戻る。
 宝亀6年(775年)吉備真備、81歳で他界
 天応元年(781年)桓武天皇即位     
 延暦3年(784年)長岡宮造営功労者として叙位。
 延暦7年(788年)和気清麻呂が、美作、備前の国造になる。
 延暦12年(793年)平安京造営開始、遷都の提言をしたのが、清麻呂。
 延暦13年(794年)平安遷都        
 延暦15年(796年)平安京造営太夫
 延暦18年(799年)清麻呂 67歳で没


九州・宇佐神宮     厄神八幡宮 加古川市     東京千代田区 和気清麻呂公銅像

京都府 神護寺 和気清麻呂公お墓


最寄りの交通機関:山陽本線和気駅下車 車で15分



吉備の国HP全国を探訪 | 戻る



作成者 藤本典夫