後醍醐天皇の碑

(津山市種の峠付近 天皇が輿を止めて休んだと言われる所にある。


後醍醐天皇が隠岐に流される途中、出雲街道をゆっくり進み、もうすぐ、院庄というときに
休まれた場所といわれる。
なだらかな、峠であり、ここから院庄までは、下りと平坦な道となる。

すぐ南には、皿山を望み、古今集に歌われた歌を思い起こし、一句読まれたとも

現在も静かな峠道である。







後醍醐天皇 御製

「聞き置きし久米のさら山越えゆかむ道とはかねて思ひやはせし」


この後、津山市 作楽神社 児島高徳の「桜の幹に刻んだ歌」が有名な場所「院庄」に宿泊した。



       吉備の国探訪に戻る


戻る

作成者 藤本典夫