岡山県津山市院庄

院庄

MAP

東門 高徳
児島高徳が忍んで後醍醐天皇のために歌を刻んだ東門 太平記に登場する児島高徳

 児島高徳は、桜の幹を削り、そこに漢詩を一句書いた。
「天莫空勾銭 時非無范蠡」

『天
(てん)勾銭(こうせん)を空(むな)しゅうする莫(なか)
(とき)范蠡(はんれい)無きにしも非(あら)ず』


院庄を有名にした桜の幹に漢詩を刻んだ故事は、
 「戦前、戦中には、忠義の美徳として有名であった。」



       吉備の国探訪に戻る


戻る

作成者 藤本典夫