更新:2010-09-22

NEW > <新作速報
2010-09、新作「フレームド・オータム・カラー」の図柄が公表されました。


フレームド・オータム・カラー( Framed Autumn Colors)、68.4×34.7 cm、(C) TEPPEI SASAKURA /ART TERACE

京都の洛北、寺の書院から見た庭の燃え立つ様な紅葉
春の桜風景「フローティング・スプリング・カラー」との連作

新作案内
2010-08、新作「河沿いのトラム」の図柄が公表されました。


河沿いのトラム( A Riverside Stop of Tram)、65.2×21.0 cm、(C) TEPPEI SASAKURA /ART TERACE

ハンガリーの首都ブタペスト、
ドナウの流れと王宮を背景にして走るトラム
雨の降る夜の幻想的な風景

ニュース

2010-06-28 、
「笹倉鉄平 ヨーロッパ 旅の画集」が発売の予定です。
6年ぶりに画集が刊行されます。
発行は求龍堂、定価は 5,250円。

画集出版記念笹倉鉄平展
丸善丸の内本店:7月21日〜27日
丸善名古屋栄店:8月5日〜11日
丸善仙台アエル店:9月17日〜23日
各会場ともサイン会の予定。


求龍堂 出版案内より

   
(C) TEPPEI SASAKURA /ART TERACE

新作案内
2010-06、新作「言葉のかわりに」の図柄が公表されました。


言葉のかわりに( Instead of Words )、27.0×21.4 cm、(C) TEPPEI SASAKURA /ART TERACE

この作品には、「笹倉鉄平ヨーロッパ旅の画集」の特別装丁版が付きます。

新作案内
2010-04、新作「レ・ドゥー・ギャルソン」の図柄が公表されました。


レ・ドゥー・ギャルソン(Les Deux Garcons )、45.5×38.0 cm、(C) TEPPEI SASAKURA /ART TERACE

南仏プロヴァンス、
画家のセザンヌが通ったカフェ「レ・ドゥー・ギャルソン」、
街灯に照らされたプラタナス並木の新緑が、
グリーン系の日除け、パラソル、窓枠と調和して、
妙に眩しく輝いています。

新作案内
2010-02-13、新作「カダケス 2010」の図柄が公表されました。


カダケス 2010(Cadaquez 2010)、82.0×53.5 cm、(C) TEPPEI SASAKURA /ART TERACE

笹倉鉄平画業20周年記念作品。
スペイン、フランス国境に近い、フィゲラスの街から東へ路線バスで1時間、カダケスの港に着きます。
このポイントを描いた作品が、20年前、画家としてのデビュー作でした。

次は、2005年、私の「風景画の現場を歩く」のスナップ写真。


2005-07-09、カダケス港、(C)Yosihiro MORIZUMI

新作案内
2009-12、新作「フローティング・スプリング・カラー」の図柄が公表されました。
別冊NO.89

ニュース
10年間、鉄平さんの版元であった、ガレリア・プロバが、
新らたに、リャドの新作を発表しました。
同時に、額付き 39,900円 のミニ版画(10作品)を発売とのこと、
画期的なことです。
11月30日まで、恵比寿で展示会も開催しています。
なお、プロバのホームページは、
http://www.g-prova.com

風景画の現場を歩く

<参照>

新作案内
2009-10、新作「12月のティールーム」の図柄が公表されました。
別冊NO.88

新作案内
2009-07、新作「ブリッゲン」の図柄が公表されました。
別冊NO.87

新作案内
2009-05、新作「朝霧のケンジントン公園」の図柄が公表されました。
別冊NO.86

新作案内
2009-03、新作「ヴィスビーのクレープリー(モーニング/イヴニング)」の図柄が公表されました。
別冊NO.85

新作案内
2009-01、新作「ヴァンドーム広場」の図柄が公表されました。
別冊NO.84

新作案内
2008-10-25、新作「ゲトライゼ通り」の図柄が公表されました。
別冊NO.83

新作案内
2008-08-26、新作「アパルトマンの窓辺」の図柄が公表された。
別冊NO.82

新作案内
2008-05-31、新作「芸術橋の上で」の図柄が公表された。
別冊NO.81

新作案内
2008-03-22、新作「水辺のスケッチ・スイート(4枚組)」の図柄が公表された。
別冊NO.80

新作案内
2008-01-12、新作「ビスケット・ショップ」の図柄が公表された。
別冊NO.79

新作案内
2007-09-29、新作「八坂の塔」 および 「雪の町屋通り」の図柄が公表された。
別冊NO.78

新作案内
2007-08-11、新作「サン・ジェルマン・デ・プレ」の図柄が公表された。
別冊NO.77

新作案内
2007-05-12、新作「オストゥーニ」の図柄が公表された。
別冊NO.76

新作案内
2007-02-24、新作「モルジュの夕陽」の図柄が公表された。
別冊NO.75

新作案内
2006-12、新作「寿ぎの窓辺」の図柄が公表された。
別冊NO.74

新作案内
2006-10-21、新作「アルテ・マイン橋」の図柄が公表された。
別冊NO.73

新作案内
2006-09-02、新作「みんな雨の中」の図柄が公表された。
別冊NO.72

新作案内
2006-06-10、新作「ヴァカンス」の図柄が公表された。
別冊NO.71

新作案内
2006-04-15、新作「芸術家村の通り」の図柄が公表された。
別冊NO.70

新作案内
2006-02-11、新作「プティ・ボヌール」の図柄が公表された。
別冊NO.69

新作案内
2005-12-10、新作「エクリューズ浜」の図柄が公表された。
別冊NO.68

新作案内
2005-10-15、新作「リュ・ド・ノエル」の図柄が公表された。
別冊NO.67

新作案内
2005-08-20、新作「スター・アトラス/天星図」の図柄が公表された。
別冊NO.66

新作案内
2005-06-11、新作「マロニエの木陰で」の図柄が公表された。
別冊NO.65

新作案内
2005-04-23、新作「キャンティ」の図柄が公表された。
別冊NO.64

新作案内
2005-02-19新作「グレヴタイの庭」の図柄が公表された。
別冊NO.63

新作案内
2004-12-18、新作「バルカローラ」の図柄が公表された。
別冊NO.62

新作案内
2004-10-15、新作「イルミネーション」の図柄が公表された。
別冊NO.61

イタリア個展開催記念・笹倉鉄平展

2004年9月2日(木)より7日(火)まで、
大丸東京店に於いてイタリア(レカナーティ市)個展開催記念・笹倉鉄平展が開催された。


別冊NO.60

新作案内
2004-08-07、新作「浜辺の日曜日」の図柄が公表された。
別冊NO.59

新作案内
2004-06-24、新作「うたた寝」の図柄が公表された。
別冊NO.58

新作案内
2004-05-15、新作「ヴァイオリン工房」の図柄が公表された。
別冊NO.57

新作案内
2004-02-21、新作「ローテンブルクの雨」の図柄が公表された。
別冊NO.56

新作案内
2003-12-20、新作「シーズンズ・スイート」の図柄が公表された。
別冊NO.55

新作案内
2003-10-11、新作「灯り」の図柄が公表された。
別冊NO.54

新作案内
2003-09-13、新作「エヴァーグリーン」の図柄が公表された。
別冊NO.53

新作案内
2003-07-19、新作「大きな木と小さなカフェ」の図柄が公表された。
別冊NO.52

新作案内
2003-05-24、新作「ラ・ランス」の図柄が公表された。
別冊NO.51

新作案内
2003-03-21、新作版画「それぞれのひと時」のリリースが公表された。
<別冊NO.50>

<大丸東京鉄平展>
東京展で初公開の作品にご案内する。
フラッシュ無しのスナップ写真を加工したため、
色はあまり正確でありません。雰囲気のみです。
<別冊NO.45>
<別冊NO.46>

新作案内
2003-01-18、新作「ポンタヴェンの朝」の朝の図柄が公表された。
<別冊NO.49>

新作案内
2002-10-25、特別装丁全版画集に添付される作品、「アフターグロウ」の図柄が公表された。
<別冊NO.48>

新作案内
2002-09-14、新作「サン・ルーに降る雪」の図柄が公表された。
<別冊NO.47>

新作案内
2002-08-01、新作「語らい」の図柄が公表された。
<別冊NO.44>

新作案内
2002年6月8日、新作「月の記憶」の図柄が公表された。
<別冊NO.43>

新作案内
2002年5月10日、新作「旧市街の猫たち」の図柄が公表された。
<別冊NO.42>

新作案内
2002年3月13日、新作「ロクブリュヌ」の図柄が公表された。
<別冊NO.41>

新作案内
2002年1月19日、新作[ボン・ビアッジョ」の図柄が公表された。
<別冊NO.40>

新作案内
2001年11月16日、新作「幸せな公園(Fioritura di Sicilia)」の図柄が公表された。
<別冊NO.39><>

新作案内
2001年11月1日に、新作「願い(Wishing for ...)」の図柄が公表された。
<別冊NO.38>

笹倉鉄平チャリティ犬の絵画展
<別冊NO.37>

新作案内
2001年9月1日、新作「夢の解放 (Dreamscape)の図柄が発表された。
<別冊NO.36>

新作案内
2001年7月23日、新作「自分の中の少年(Mirror of water)が発表された。
<別冊NO.35>

新作案内
2001年5月20日、新作 「祝福 (Blessing)」 が発表された。
<別冊No.33>

<大型新作ポスター発売>

2001年4月末、鉄平さんの代表作4点が大型のポスターで発売された。
(1) スターアトラス南星図 (81.2×61.0cm)
(2) スターアトラス北星図 (81.2×61.0cm)
(3) ヴィルフランシュ(81.2×70.5cm)
(4) サントロペ (96.5×45.7cm)

ポスター購入希望の方は、
関東地方:東京国際フォーラム内グラフィックステーション< 03-3286-6716>
関西地方:アートテラス・ギャラリー< 0798-75-2401>
などにお問い合わせ下さい。

新作案内
2001年4月7日に新作「あじさい寺」が発表された。
<別冊No.32>

新作案内
2001年2月21日に新作「小雨降っても」が発表された。
<別冊No.31>

新作案内
新春早々の、2001年1月12日(金)に新作「フロム・ザ・パスト」が発表された。
<別冊No.30>

新作案内
20世紀最後のクリスマスを記念して、音の出る版画、
オルゴール付きの額縁に版画「メロディア」がセットされて発売された。
<別冊No.25>

新作案内
2000年10月13日、新作「白い時間」がオープンになった。
<別冊No.29>

笹倉鉄平展

2000年11月8日(水)〜15日(水) 
大丸梅田店(大阪) 
<別冊No.24>

2000年12月10日(日)〜17日(日) 
小田急百貨店新宿店(東京) 
<別冊No.27>
12月19日(火)〜24日(日) 
松坂屋本店(名古屋)

新作案内
2000年9月14日、新作「手作り篭の店」がオープンになった。
<別冊 No.28>

新作案内

2000年7月15日、新作「ヴィーナスの港」がオープンになった。
<別冊 No.26>

新作案内

2000年4月 27日、久しぶりに新作「森のむこう」 がオープンになった。
<別冊 No.23>


プロバ アート 21展
2000年3月18日(土)〜26日(日)、目白店で開催され、
プロバから「21世紀のアート」が提案された。
<プロバ社長のメッセージ>

クロサワ・ノリユキ展>
2000年12月7日〜13日
(東京)伊勢丹新宿店新館8階
美術館特設会場
この度、黒澤紀之さんが新たにプロバからデビューした。
繊細な描写力が魅力。
NEW <黒澤紀之Web作品展>

新作案内
2000年1月 7日、ファン待望の「スター.アトラス(北星図)」が公表された。
<別冊 No.21>

新作案内
99年11月 1日に公表の、きよしこの夜(Holy Night)
<別冊 No.20>

新作案内
99年10月8日からの版画展でオープンになった「シュロス・オルト」を紹介。
<別冊 No.19>

新作案内
99年8月中旬発売の「ライン河のほとり〜アスマンズハウゼン〜」を紹介。
<別冊 No.18>

新作案内
99年夏の大作「スター・アトラス」を紹介する。
<別冊 No.17>


<プロバ本社のホームページ開設>
先日、プロバ本社のホームページが開設された。
「鉄平倶楽部」と共にこちらの方もアクセスして見て下さい。
http://www.g-prova.co.jp/

新作案内
99年6月中旬発売の「アーチウエイ」を紹介する。
<別冊 No.16>

宝永たかこ 来場展開催>

6月25日(金)から7月4日(日)まで、
プロバ南青山本店(10〜18時、月曜休廊)にて、
−ポケットの中の月−宝永たかこ来場展が開催された。
作家来場は7月3日(土)、4日(日)の両日。
宝永さんは小澤さんの親友で、プロバの個展は初めて。
<宝永たかこWeb作品展>

< 新作案内 >
99年5月19日発売の新作「永遠(とわ)に」を紹介する。
<別冊 No.15>

< 新作案内 >
99年3月の鉄平展で発表された「ドリーミング」を紹介する。
<別冊 No.14>

Web原画展>
大丸東京店で公開された新作油彩原画小品5点を
プロバより特別に写真をお借りして、HP上で展示する。
展示即売されたため、版画にならないかぎり
次回画集発刊まで、当分お目にかかれないものである。
<鉄平原画展 別冊 No.6>

< 新作案内 >
「フラワー・バスケット」を紹介する。
<別冊 No.13>
99年2月発売

新作案内 >
新作の「月光浴」を紹介する。
<別冊 No.12>
99年1月20日発売

新作案内 >
新作「ミコノス・カフェ」を紹介する。
<別冊 No.11
98年12月末発売

(1) 小澤摩純来場展

98年11月27日から13日まで、プロバ南青山本店で
待望の小澤摩純来場展が開催された。
12月5日(土)は作家来場日にあたり、全国から小澤ファンが集まった。
<小澤摩純ファンタジーの世界>
(2) ヒロ・ヤマガタの画 が切手に

98年11月24日発売の「私の愛唱歌シリーズ第7集」切手
題材曲「おもちゃのチャチャチャ」の図柄にヒロ・ヤマガタの画が選ばれた。
<図柄参照>
鉄平ファンの中にはヤマガタ愛好家が結構いる。
ヤマガタの画を初めて日本に紹介したのがプロバであることを
知っている人も少なくなった。

(3) 笹倉鉄平展

98年、年末から、99年、年始にかけて、
関西と関東で大規模の鉄平展が開催された。
<大阪・大丸梅田店>
1998年11月18日 から23日まで
<東京・大丸東京店>
1998年12月24日から 99年1月5日まで(有料)
今回、大丸東京店では、約110点が展示されたが
その半分が期待の原画、
残りの半分が梅田店で展示されなかった
鉄平さん初公開のイラストレータ時代の作品であった。
これだけの規模は初めてで、
全国から鉄平ファンが大挙して集まった。

(4) アントン・モルナー初来日展

アントン・モルナー初来日展が11月9日から23日までプロバ目白店で
開催されているが、11月8日、目白のフォーシーズンで
オープニングレセプションが開かれた。
(アントン・モルナー初来日個展オープニングレセプション)

(5) 新作案内
新作版画「キティ・オン・チェアー」を紹介する。
<別冊 No10>

(6) 新作案内
新作版画「夕日の街イア」を紹介する。
<別冊 No.9 >

(7) 新作案内
新作版画「パープル・スノー」を紹介する。
<別冊 No.8 >
(8) 笹倉鉄平画集 Vol.4
待望の画集(Vol.4) <JOURNEY TO MY HEART> が9月20日に発刊された。
Vol.3以降、新作の「グリチーネ」まで62作品が収められている。
特に、97年10月、銀座松坂屋の「笹倉鉄平の世界展」で公開された色鉛筆画や
台場店オープンの際にチラッと見た「ウイング オブ ハート」など、
版画にならなかった作品が多く掲載されている。

(9) 新作案内
新作版画「グリチーネ」を紹介する。
<別冊 No.7>

(10) ジェニファー・マークス来日展
ジェニファー展が98年7月16日から30日まで
プロバ台場店で開催された。
90年、プロバで初の個展開催以降、毎年来日している。
ジェニファー来日展作品(参照)

(12) 新作案内
新作版画「メヴァギッセイ」をご紹介する。
<別冊 No.5 >

(13) 新作案内
98年5月に発売された新作版画 「フェスタ」 を紹介する。
<別冊 No.4 >

(14) 新作案内
98年4月に発売された新作版画 「ル・ロンド」を紹介する。
<別冊 No.3>


(15) 新作案内
98年2月末に発売された新作版画(デヴォン)を紹介する。
<別冊 No.2 >


(16) 笹倉鉄平の世界展
97年銀座松坂屋
<別冊 No.1 >


(17) 笹倉鉄平さんのプロフィール

笹倉鉄平(ささくら てっぺい)さんは1954年、兵庫県生まれ。
1976年、武蔵野美術大学商業デザイン科卒業後、イラストレータとして活躍。
森永製菓のパッケージイラスト(「小枝」など200点)を10年間にわたり描く。
1987−88年、毎日新聞カラー別刷版にヨーロッパの風景をモチーフにした作品を連載。

1990年より画家としての創作活動に専念。
1991年、初のシルクスクリーン作品「カダケス」をガレリア・プロバより発表。
以来、原画は100作品を超え、2000年3月現在、その内 79作品が版画になっている。


99年12月23日、池袋東武のサイン会にて


(18) 鉄平ファン

NEW <別冊 No.22>


(19) 鉄平作品集


CD-ROM 笹倉鉄平作品集(シンフォレスト社)

1997年、シンフォレスト社より鉄平さんの作品集がCD−ROMで発売された。

オンフルール(1997)までの全作品が、
定評のある、シンフォレスト社の最高の画像処理により、
高解像度フルカラー(800*600dot)で収められている。

好きな作品をスクリーンセーバーや壁紙に利用出来る機能も付属。
価格は3,900円(税別)であるが、パソコンショップでは2,900円程度で入手出来る。


(20) 鉄平ミニ情報

(a)
笹倉鉄平作品を1999年用カレンダーに使用したのは「トヨタ勝又グループ」1社。
(b)
大和銀行は99年も鉄平作品を通帳やカードなどのデザインに使用する。
(c)
うつみ宮土理さんの「紐育マサオ(文芸春秋)」が文庫本になり、
表紙に「ドギートーク」が使用される。
(d)
鉄平さんの原画(秋のアヌシー、エダムのつり橋、オステンド浜の3点)を
飾ったノミ屋さんを六本木で発見。
regalo(港区六本木5-10-28、恵伊幸ビル1F、Tel.03-5411-2338)。
会員制であるが、鉄平倶楽部を見たと言えば入れてもらえる。
飲み物とオリジナル料理で 5,000円以内。
(e)
笹倉鉄平作品 2002年カレンダーが発売された。
次の店で入手出来る。
東急ハンズ各店
 有楽町:東京国際フォーラム内、フォーラム・アートショップ
 原宿:パレフランス1階、アートプリントジャパン・ショールーム 

* * *
関西地区で鉄平作品をご覧になりたい方は、
アートテラス・ギャラリー:西宮市能登町11-17
<TEL:0798-75-2401>へお出かけ下さい。




開設:1997.01.22

Copyright (C) 1997-2010 Yosihiro MORIZUMI