電気クラゲの浮かない理由


☆はじめに   静電気相手の実験

 

  紙でこすった塩ビパイプで荷作りテープをさいたものを浮かべる・・・いわゆる電気クラゲです。

  しかし,なかなか浮かないのが現状です。

  

  原因はずばり,

 

     「帯電が足りない」

 

                   のです。

 

  「この実験は冬にやるものだ。」     

  「実験する部屋の湿気が多いとダメ。」

  「クラゲの湿気を取るためにアルコールでふく」

 

  など,いろいろな対策があります。

 

  しかし,きちんと帯電させれば気温33℃湿度70%の部屋でも浮かせることができます。

 

 

☆用意するもの (参考:帯電列について

  

  ・塩ビ管            (太いと帯電量が増えます)

  ・紙                  (ティッシュでもいいのですが,強いクッキングペーパーがおすすめです)

  ・荷作りテープ    (スズランテープという平たい状態のものが最適です)

  ・ピンセット        (スズランテープを細くさくために使います)

 

 

☆クラゲの作り方 この部分はよく知られているので簡単にします

 

  (1)スズランテープ(シート状)を2cm×15cmくらいに切ります

  (2)スズランテープは2層構造ですので,セロファンテープなどを使って1層にします。

  (3)片方の端を結びます

  (4)ピンセットを使って1本が1mm以下になるように裂きます。

 

 

 

☆たくさん帯電させる方法

 

◎クラゲを帯電させます

 

   作ったクラゲと,こするためのクッキングペーパー

 

    ここがポイント。思い切って机の上にクラゲを置きます。

                         (このポイントは,実は中学生が発見しました)

                        (クラゲを手で持ち,ぶら下げて下方向にこする方法では力が加わりにくいようです)

 

    注意:実験室の机は,帯電防止仕様のものがあるようです。

      静電気の実験であるため,机の材質に大きく依存します。

      そこで,机の上に,アクリルの板を置き,

      その上にクラゲをのせてクッキングペーパーでこするとよいようです。

      この方法は,机(板)とクラゲの「剥離静電気の利用」ということになるそうです。

      (この注意は,ホームページをご覧の方からの御指導により追加しました。)

 

    → 

        帯電前のクラゲ         「超」帯電後のクラゲ(机にはりついています)

 

 

    机から持ち上げた様子(「足」同士が反発して開いています)

   

 

    そのまま投げた様子(落下だけでもきれいに開いています)

 

   塩ビを帯電させる間,クラゲは机にはりつけたままでしばらく放置して大丈夫です。

 

 

 

◎塩ビ管を帯電させます

 

  

 

  ・塩ビ管をこするときにどうしても紙を動かしがちですが,

   紙を手で固定して,塩ビ管を前後に動かすとすばやくたくさんたまります。(米村傳次郎先生の教え)

 

  ・塩ビ管を動かすときに紙をぎゅっと握ると4〜5回で塩ビ管がパチパチ音を立てはじめます。

 

 

  

◎クラゲを上に投げ上げます

 

  ・その後すぐに帯電した塩ビ管をクラゲの下に持っていくと・・・

 

    約15cmくらい浮いています(背景は黒板です)

 

  ・2〜3回くらい浮かせることができます。(それだけたくさん帯電しています)

 

 

←戻る

トップ