クイック暗算 「19の段まで暗算で」


☆ポイント

・小学校の時に習った九九を19×19まで広げる。

・これでインド式のインド人に少し追いつける(かも)

・小学校で習った筆算を速くやる方向で暗算を行う。

・ 1?×1? なら場合分け不要で同一の方法でOK




☆例 14×16 = 224

◎考え方

hissan.gif


14×16 = 14×(10+6)
      = 14×10 + 14×6
      = 14×10 + (10+4)×6
      = 14×10 + 10×6 + 4×6
      = 140   + 60   + 24

の3つの数字にわけて計算し,足し算する方法である。


☆ステップ 1

 かけ算を「前の数×後の数」とみたとき

 前の数の10倍と,
 後の数の1の位×10を足す

 140+60 =200

☆ステップ 2
 
 ステップ1の数に,それぞれの1の位同士をかけたものを足す。

200 + 24 =224
            ↑
            こたえ

◎頭の中の例
step1.gif step2.gif step3.gif step4.gif



☆練習プリント

・クイック暗算やりかた プリント PDFはこちら

・クイック暗算の練習問題 プリント PDFはこちら

・クイック暗算の100マス計算 プリント PDFはこちら



☆その他

・暗算になれてきたら,頭の中では,14+6として計算しても良い。(上の手書き部分の1の位の0を一つ省略して行うと速い)
・頭の中で「140たす60で,200。200と四六24で224!」などと唱えながらやると間違えにくい。
・この暗算は,「140円のジュースを16人分買うと2240円になる」場面など,身の回りで使うことが多い。



戻る