スマイル暗算 2ケタ × 2ケタ  (「99の段」まで暗算)


☆ ポイント


・インド式ではない(どんなパターンでもOK)

・小学校で習った筆算を速くやる工夫(3ステップ)

・「クイック暗算」もこのやり方で包括できる。

・やり方が1種類なので、少しの練習でかなり上達する。(練習プリントはこのページの後半で)



例 57×38 = 2166


☆ステップ 1

「スマイル」を描く ↓黒線

step10.gif

スマイルの内側 → 7×3 = 21
スマイルの外側 → 5×8 = 40

21+40 = 61 まで計算



☆ステップ 2

スマイルを広げる(赤線青線

step20.gif

スマイルの 赤線  → 5×3 = 15
スマイルの 青線   → 7×8 = 56

を上のように書く。


☆ステップ 3

step30.gif

「61」(本当は610) と 「1556」を上のように たす。

→ 答え:2166

→ 57×38 = 2166



☆ プリント

・スマイル暗算(このページの)PDFはこちら
(以前アップしていた ゆっくりのやり方のPDFはこちら

・スマイル暗算の100マス計算 プリント PDFはこちら


☆その他

・最初は上記の白枠のようにメモ書きを多くして、慣れたらメモを省略していくと暗算に近づいていく。
・ステップ3の「6+5」の繰り上がりを予想して、2→1→6→6と書いていけるといくと計算が速くなる。
・もちろん色ペンでメモを取る必要はない。


戻る